平成28(2016)年度
【学会賞(木本賞)】
大前 憲史 (東京女子医科大学腎臓病総合医療センター 泌尿器科)
High preoperative C-reactive protein values predict poor survival in patients on chronic hemodialysis undergoing nephrectomy for renal cancer.
掲載号:Urologic Oncology. 2015 Feb;33 (2):67.e9-13.

坂本 香織 (女子栄養大学 臨床栄養療法学研究室)
Maintenance of activities of daily living despite risk from genetic polymorphism in hemodialysis patients under nutritional management who survived an average of 30 years.
掲載号:Renal Replacement Therapy 2015 1:6

【奨励賞】
神田 英一郎 (東京共済病院 腎臓内科)
Importance of simultaneous evaluation of multiple risk factors for hemodialysis patients' mortality and development of a novel index: dialysis outcomes and practice patterns study.
掲載号:PLoS One. 2015 Jun 1;10(6):e0128652.
 


平成27(2015)年度
【学会賞(木本賞)】
喜多村 真治 (岡山大学病院 腎臓・糖尿病・内分泌内科)
The selection of peritoneal mesothelial cells is important for cell therapy to prevent peritoneal fibrosis.

掲載号:Tissue Engineering Part A. 2014;20(3-4):529-539

望月 隆弘 (亀田総合病院 腎センター)
血液透析患者の貧血治療における最少至適フェリチン値とrHuEPO
反応性の検討:EPOCH Study.

掲載号:透析会誌2014;47 (7):313-321

【奨励賞】
菊地 勘 (下落合クリニック)
Multicenter Study of Pegylated Interferon α-2a Monotherapy for Hepatitis C Virus-Infected Patients on Hemodialysis: REACH Study

掲載号:Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2014; 18(6):603–611

 


平成26(2014)年度
【学会賞(木本賞)】
鬼無  洋 (名古屋大学大学院医学系研究科腎臓内科学)
TGF-β1 promotes lymphangiogenesis during peritoneal fibrosis.
-Journal of the American Society of Nephrology. 2013;24(10):1627-42

 

寺脇 博之 (福島県立医科大学人工透析センター)
Pigment epithelium-derived factor as a new predictor of mortality among chronic kidney disease patients treated with hemodialysis.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2013;17(6):625-30

【奨励賞】
松浦 香織 (川島病院)
外来血液透析患者の食塩摂取量と生命予後からみた食事管理の検討
-透析会誌 2013; 46巻11号:1061–1067

 


平成25(2013)年度
【学会賞(木本賞)】
河野 圭志 (神戸大学大学院医学研究科腎臓内科)
Composition and plaque patterns of coronary culprit lesions and clinical characteristics of patients with chronic kidney disease.
-Kidney International. 2012;82(3):344-351

本田 浩一 (昭和大学医学部内科学講座腎臓内科学部門)
Oxidized high-density lipoprotein as a risk factor for cardiovascular events in prevalent hemodialysis patients
-Atherosclerosis. 2012; 220(2):493-501

【奨励賞】
亀井 大悟 (東京女子医科大学腎臓内科)
Impact of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident on Hemodialysis Facilities: An Evaluation of Radioactive Contaminants in Water Used for Hemodialysis.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2012;16(1):87-90

 


平成24(2012)年度
【学会賞(木本賞)】
青木 茂久
 (佐賀大学医学部病因病態科学講座)
Fluid flow stress affects peritoneal cell kinetics: possible pathogenesis of peritoneal fibrosis.
-Peritoneal Dialysis International. 31(4): 466-76, 2011

鈴木 ちぐれ (順天堂大学 神経生物学・形態学講座)
Evidence for Severe Atherosclerotic Changes in Chronic Hemodialysis Patients: Comparative Autopsy Study Against Cardiovascular Disease Patients Without Chronic Kidney Disease.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2011;15(1):51-7.

【奨励賞】
山本 有一郎 
(横浜市立大学附属市民総合医療センター 血液浄化療法部)
Long-Term Efficacy and Safety of the Small-Sized β2-Microglobulin Adsorption Column for Dialysis-Related Amyloidosis.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2011 Oct;15(5):466-74

 


平成23(2011)年度
【学会賞(木本賞)】
足利 栄仁
 (関東労災病院腎臓内科)
Impact of Fibroblast Growth Factor 23 on Lipids and Atherosclerosis in Hemodialysis Patients.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis 14 (3): 315-322, 2010

駒場 大峰 (東海大学医学部付属病院腎内分泌代謝内科)
Depressed expression of Klotho and FGF receptor 1 in hyperplastic parathyroid glands from uremic patients.
-Kidney International 77(3): 232-238, 2010

【奨励賞】
寺脇 博之
 (東京慈恵会医科大学附属柏病院腎臓・高血圧内科)
The Redox State of Albumin and Serious Cardiovascular Incidence in Hemodialysis Patients.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis 14 (5): 465-471, 2010

 


平成22(2010)年度
【学会賞(木本賞)】
金井 厳太
 (東海大学医学部腎内分泌代謝内科)
Suppression of parathyroid hormone production in vitro and in vivo by RNA interference..
-Kidney International 75 (5): 490-498, 2009

山本 忠司 (白鷺病院 医療技術部)
腹膜透析患者における中性化透析液の評価に関する多施設共同研究:ジャパン・バランス・スタディ.
-透析会誌 42(11): 835-846, 2009

【奨励賞】
宇津 貴
 (滋賀医科大学医学部内科学講座)
Target for Glycemic Control in Type 2 Diabetic Patients on Hemodialysis: Effects of Anemia and Erythropoietin Injection on Hemoglobin A1c.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis 13 (2): 89-94, 2009

 


平成21(2009)年度
【学会賞(木本賞)】
竹口 文博
 (東京医療センター 内科)
Effects of Icodextrin on Insulin Resistance and Adipocytokine Profiles in Patients on Peritoneal Dialysis.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis 12 (3): 243-249, 2008

矢島 愛治 (東和病院 泌尿器科)
Bone formation by minimodeling is more active than remodeling after parathyroidectomy.
-Kidney International 74 (6): 775-781, 2008

【奨励賞】
中井 滋
 (藤田保健衛生大学短期大学 専攻科・臨床工学技術専攻)
Effects of Serum Calcium, Phosphorous, and Intact Parathyroid Hormone Levels on Survival in Chronic Hemodialysis Patients in Japan.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis 12 (1): 49-54, 2008

西村 眞人 (桃仁会病院 循環器内科)
Prediction of Cardiac Death in Hemodialysis Patients by Myocardial Fatty Acid Imaging.
-Journal of the American College of Cardiology 51 (2): 139-145, 2008

 


平成20(2008)年度
【学会賞(木本賞)】
稲葉 雅章
 (大阪市立大学大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学)
Glycated Albumin Is a Better Glycemic Indicator than Glycated Hemoglobin Values in Hemodialysis Patients with Diabetes: Effect of Anemia and Erythropoietin Injection.
-Journal of the American Society of Nephrology 18(3): 896- 903, 2007

田中 元子 (あけぼのクリニック 腎臓内科)
Hypercalcaemia is associated with poor mental health in haemodialysis patients: results from Japan DOPPS.
-Nephrol Dial Transplant 22(6): 1658-1664, 2007

【奨励賞】
井関 邦敏 (琉球大学医学部附属病院 第3内)
Prevalence and Determinants of Hypertension in Chronic Hemodialysis Patients in Japan.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis 11 (3): 183-188, 2007

山本 忠司 (白鷺病院 医療技術部)
腹膜透析中止後腹腔洗浄中の被嚢性腹膜硬化症予防についてのコホート研究.
-透析会誌40(6):491-500,2007

 

 


平成19(2007)年度
【学会賞(木本賞)】
成田 一衛
 (新潟大学医歯学総合研究科 腎・膠原病内科)
Etiology and prognostic significance of severe uremic pruritus in chronic hemodialysis patients.
-Kidney International 69:1626,2006

 

【奨励賞】
荒川 俊雄
 (荒川クリニック)
Overproduction and Secretion of a Novel Amino-Terminal Form of Parathyroid Hormone from a Severe Type of Parathyroid Hyperplasia in Uremia.
-Clinical Journal of the American Society of Nephrology 1: 525, 2006

寺西 恵 (日本赤十字社医療センター 腎臓内科)
血液透析患者の長期生命予後予測因子としてのBNPの意義  ―13年間の予後調査―.
-透析会誌39(10):1467,2006

横山啓太郎 (東京慈恵会医科大学 腎臓高血圧内科)
The Influences of Method of Calcium Correction and the Timing of Blood Collection on Application of The K/DOQI Clinical Practice Guidelines for Bone Metabolism and Disease in Japan.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis 10:257,2006

 

 


平成18(2006)年度
【学会賞(木本賞)】
中村 桜子
 (宮の森記念病院 内科)
Pyridoxal phosphate and hepatocyte growth factor prevent dialysate-induced peritoneal damage.
-Clinical Journal of the American Society of Nephrology 16:144, 2005

 

【奨励賞】
友 雅司
 (大分大学医学部 感染分子病態制御講座)
Synergistic Cytotoxicity of Acidity and 3,4-Dideoxyglucosone-3-ene Under the Existence of Lactate in Peritoneal Dialysis Fluid.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis  9:182,2005

樋口千惠子 (東京女子医科大学東医療センター 内科)
Effects of Glucose and Plasminogen Activator Inhibitor-1 on Collagen Metabolism in the Peritoneum.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis  9:173,2005

渡邉 幸康 (渡辺内科クリニック)
血液透析患者の動脈壁硬化と心臓・血管の形態変化との関連性.
-透析会誌38(6):1305-1314,2005

 


平成17(2005)年度
【学会賞(木本賞)】
平野 宏
 (岩藤クリニック)
CAPD透析液曝露による腹膜形態の変容―腹膜線維症と腹膜硬化症の相異―.
-透析会誌37(2):135-144,2004

勝二 達也 (大阪府立急性期・総合医療センター 腎臓・高血圧内科)
Hemodialysis-associated hypotension as an independent risk factor for two-year mortality in hemodialysis patients.
-Kidney International 66(3): 1212-1220, 2004

【奨励賞】
福本 真也
 (大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学)
重症下肢虚血に対する自家骨髄単核細胞移植の有効性―透析患者を含めた検討―.
-透析会誌37(7):1493-1501,2004

 


平成16(2004)年度
【学会賞(木本賞)】
加藤 明彦
 (静岡がんセンター 腎・内分泌・代謝科)
Impact of carotid atherosclerosis on long-term mortality in chronic hemodialysis patients.
-Kidney International 64(4): 1472-1479, 2003

椎崎 和弘 (和歌山県立医科大学附属病院 血液浄化センター)
Percutameous maxacalcitol ingection therapy regresses hytertlasia of tarathyroid and induces apoptosis in uremia.
-Kidney International 64(3): 992-1003, 2003

【奨励賞】
望月 隆弘
 (亀田総合病院腎臓内科)
腹膜透析導入後の内臓脂肪蓄積とレプチン,摂食障害との関連.
-透析会誌36(6):1191-1197,2003

 


平成15(2003)年度
【学会賞(木本賞)】
寺田 典生
 (東京医科歯科大学医学部附属病院 第2内科)
Ligand-regulatable erythrotoietin production and in vivo electroparation.
-Kidney International  62(6): 1966-1976, 2002

稲城 玲子 (東海大学総合医学研究所第3部門)
Efficient in vitro lowering of carbonyl stress by the glyoxalase system in conventional glucose peritoneal dialysis fluid.
-Kidney International 62(2): 679-687, 2002

【奨励賞】
山中 望
 (北里大学大学院医療系研究科)
ヘマトクリット値連続測定装置を用いた各種plasma refilling rate 測定法の有用性と限界の検討.
-透析会誌35(2):97-107,2002

武田 真一 (自治医科大学 腎臓内科)
二次性副甲状腺機能亢進症(Ⅱ°HPT)患者の副甲状腺摘除術(PTx)前後における骨代謝マーカーの経時的変化の検討 ―破骨細胞形成抑制因子(OPG)の関与の可能性について―.
-透析会誌35(4):243-248,2002

 


平成14(2002)年度
【学会賞(木本賞)】
庄司 哲雄
 (大阪市立大学大学院 医学研究科代謝内分泌病態内科学)
Diabetes mellitus, aortic stiffness, and cardiovascular mortality in end-stage disease.
-Journal of the American Society of Nephrology 12(10): 2117-2124, 2001

平方 秀樹 (九州大学医学部 腎疾患治療部)
Depressed Cerebral Oxygen Metabolism in Patients with Chronic Renal Failure : A Positron Emission Tomography Study.
-Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 34(7): 1149, 2001

 


平成13(2001)年度
【学会賞(木本賞)】
木村 秀樹
 (福井医科大学医学部 臨床検査医学講座)
The C677T Methylenetetrahydrofolate Reductase Gene Mutation in Hemodialysis Patients.
-Journal of the American Society of Nephrology 11(5):885-893, 2000

【奨励賞】
川瀬 義夫 (東海大学総合医学研究所第3部門)
血液透析が生物時計に及ぼす影響について.
-透析会誌33(9):1251-1259,2000

乳原 善文 (虎の門病院 腎センター)
巨大化した多発性嚢胞腎に対する縮小術 ―腎動脈閉塞術(renal-TAE)の試み.
-透析会誌33(11):1381-1388,2000

 


平成12(2000)年度
【学会賞(木本賞)】
角田 隆俊
 (東海大学医学部 腎代謝内科)
Prognosis of parathyroid function after successful percutaneous ethanol injection therapy guided by color doppler flow mapping in chronic dialysis patients.
-American Journal of Kidney Diseases 33(6): 1091-1099, 1999

【奨励賞】
岡田 雅美 (新潟大学医学部 第2内科)
透析骨症の成因と病態および診断に関する研究.
-透析会誌32(6):975-988, 1999

 


平成11(1999)年度
【学会賞(木本賞)】
山下 明泰
 (九州工業大学情報工学部 生物化学システム工学科)
腹膜透過能の新しい簡易評価式の導出.
-透析会誌31(3):183-189, 1998

【奨励賞】
櫻井 祐成 (春日部秀和病院 腎臓内科)
副甲状腺機能低下症を呈した血液透析患者の長期経過についての検討.
-透析会誌31(9):1243-1249, 1998

 


平成10(1998)年度
【学会賞(木本賞)】
該当者なし

【奨励賞】
櫻井 祐成 (春日部秀和病院 腎臓内科)
副甲状腺機能低下症を呈した血液透析患者の長期経過についての検討.
-透析会誌31(9):1243-1249, 1998

 


平成9(1997)年度
【学会賞(木本賞)】
川瀬 義夫
 (京都第一赤十字病院 泌尿器科)
スペクトル解析を用いた透析患者の自律神経評価.
-透析会誌29(1):37-44, 1996

【奨励賞】
金澤 良枝 (東京医科大学 腎臓科)
血液透析患者のリン摂取量と血清リン上昇度の数量的解析.
-透析会誌29(11):1475-1478, 1996

 


平成8(1996)年度
【学会賞(木本賞)】
該当者なし

【奨励賞】
宮崎 高志 (名古屋大学環境医学研究所 内分泌代謝部門)
Interleukin-8の遺伝子発現および血漿濃度に対する血液透析の影響からみた透析膜の生体適合性.
-透析会誌28(1):59-64, 1995

林 春幸 (東京医科大学 腎臓科)
慢性維持透析患者の二次性副甲状腺機能亢進症における副甲状腺ホルモン遺伝子および増殖関連遺伝子の発現-1,25 (OH)2 D3投与の影響-.
-透析会誌28(1):69-75, 1995

鈴木 祥史 (健生会立川相互腎クリニック)
重曹粉末への混入物,エルカ酸アミドおよびオレイン酸アミドについて.
-透析会誌28(7):1055-1062, 1995

 


平成7(1995)年度 
【学会賞(木本賞)】
該当者なし

【奨励賞】
小室 徹雄
 (国立衛生試験所)
デオキシコール酸ナトリウム-ポリアクリルアミドゲル電気泳動による透析液中に存在する分子量の小さいエンドトキシンの検出
-透析会誌27巻7号:1025-1030, 1994

志和 正明 (香川成人医学研究所)
デオキシコール酸ナトリウム-ポリアクリルアミドゲル電気泳動による透析液中に存在する分子量の小さいエンドトキシンの検出
-透析会誌27巻7号:1025-1030, 1994

 


平成6(1994)年度
【学会賞(木本賞)】
小野 慶治
 (小野外科クリニック)
In vitroにおけるβ2-ミクログロブリンからのアミロイド様物質の形成:SAPの関与について
-透析会誌26巻9号:1525-1530, 1993

【奨励賞】
佐々木 英彦
 (仙台社会保険病院 腎センター)
長期透析患者における後天性腎嚢胞と腎細胞癌に関する臨床・病理学的検討
-透析会誌26巻3号:313-318, 1993

辻野 正隆 (近畿大学 第3内科)
腹膜中皮細胞に対する透析液のpHと浸透圧の影響およびphosphatidylcholine の保護効果
-透析会誌26巻4号:549-555, 1993

 


平成5(1993)年度  
学会賞(木本賞)
丹羽 利充 (名古屋大学分院 内科),ほか
蛋白結合性尿毒症毒素であるフランカルボン酸のミトコンドリア呼吸抑制作用
-透析会誌25巻4号:369-373, 1992

宮崎 滋 (信楽園病院腎センター),ほか
β2-ミクログロブリンアミロイドーシスに関する研究 1.アミロイド沈着局所に認められる滑膜炎の病理組織学的特徴
-透析会誌25巻9号:1045-1050, 1992


平成4(1992)年度 
学会賞(木本賞)
安達 高久 (大阪市立大学泌尿器科),ほか
血液透析患者のエンドトキシン抗体の測定とその臨床的意義
-透析会誌24巻4号:469-474, 1991

小野 慶治 (小野外科クリニック)
片腎摘マウスにおけるβ2ミクログロブリン沈着と骨関節領域の変化
-透析会誌24巻11号:1447-1451, 1991


平成3(1991)年度 
学会賞(木本賞)
該当者なし

【奨励賞】
小野 慶治 (小野外科クリニック),ほか
透析患者に多発する後天性腎嚢胞の発生メカニズム-実験的研究-
-透析会誌23巻6号:595-601, 1990

平山 俊英 (奈良県立医科大学第1内科),ほか
維持透析患者に対する透析膜の生体適合性:インターロイキン6からの検討
-透析会誌23巻10号:1091-1097, 1990


平成2(1990)年度 
学会賞(木本賞)
該当者なし

【奨励賞】 
熊野 和雄 (北里大学病院腎センター),ほか
血液透析後の血中β2-microglobulin濃度上昇の機序に関する検討
-透析会誌22巻9号:951-955, 1989

橋本 寛文 (高知高須病院泌尿器科),ほか
透析導入患者の骨組織の臨床病理学的検討
-透析会誌22巻7号:709-714, 1989

丸山 弘樹 (新潟大学第2内科)
長期透析患者における破壊性脊髄関節症 destructive spondylarthropathyの臨床的検討
-透析会誌22巻7号:741-748, 1989


平成元(1989)年度
【学会賞(木本賞)】 
本間 則行 (新潟大学第2内科)
透析アミロイドーシスに関する研究 ―血液透析患者の手関節部嚢胞X線骨透亮像とアミロイド骨関節症について―
-透析会誌21巻4号:389-397, 1988

 

 


検索
  • rss1
  • rss2