学会について

The Japanese Society for Dialysis Therapy

日本透析医学会は、腎不全および透析医学の学術・研究を推進させ、社会に貢献します。

平成18(2006)年度 学会賞(木本賞)・奨励賞

平成18(2006)年度
【学会賞(木本賞)】
中村 桜子
 (宮の森記念病院 内科)
Pyridoxal phosphate and hepatocyte growth factor prevent dialysate-induced peritoneal damage.
-Clinical Journal of the American Society of Nephrology 16:144, 2005

 

【奨励賞】
友 雅司
 (大分大学医学部 感染分子病態制御講座)
Synergistic Cytotoxicity of Acidity and 3,4-Dideoxyglucosone-3-ene Under the Existence of Lactate in Peritoneal Dialysis Fluid.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis  9:182,2005

樋口千惠子 (東京女子医科大学東医療センター 内科)
Effects of Glucose and Plasminogen Activator Inhibitor-1 on Collagen Metabolism in the Peritoneum.
-Therapeutic Apheresis and Dialysis  9:173,2005

渡邉 幸康 (渡辺内科クリニック)
血液透析患者の動脈壁硬化と心臓・血管の形態変化との関連性.
-透析会誌38(6):1305-1314,2005