指導医の申請資格

<専門医制度規則より抜粋>

第22条 指導医は専門医として登録されている者であること.
1) 専門医として登録されている者であること.
2) 申請時において,専門医として認定を受けた後,通算 3 年以上,認定施設または教育関連施設に勤務し,主として透析医療に従事した者であること.
3) 申請時において 6 年以上引き続いて本学会会員であること.
4) 申請時において認定施設または教育関連施設に,常勤医として勤務している者であること.
常勤医とは,病院施設等で定められている常勤の所定労働時間勤務している者(以下「常勤医」という).
5) 申請時より過去 5 年間において,本学会年次学術集会出席ならびに業績について 60 単位を満たしていること.
6) 指導医認定審査において適格と判定され,指導医として登録を完了した者であること.


第23条 指導医の資格認定を申請する者は,次の各項に定める申請書類等を専門医制度委員会に提出し,申請手数料を納付すること.
 1) 指導医認定申請書
 2) 勤務証明書
 3) 業績目録,業績コピー,本学会年次学術集会参加証明など所定単位の取得を証明する書類(またはその写し)


<専門医制度規則施行細則より抜粋>

第7条 指導医を申請する者は,申請時より過去 5 年間において別表に掲げる 60 単位を取得していること.
2 上記単位には本学会年次学術集会参加 3 回以上(うち 1 回分は本学会認定地方会参加でも可ただし地方会参加は 1/2 回と計算される.)
3 業績については筆頭者として血液浄化法に関する発表 2 件以上を行っており,うち本学会年次学術集会での発表 1 件以上または本学会誌論文 1 編以上を含むこと.