第11回透析技能2級検定試験 (願書受付締切7月31日)

終日
 
日付
2019-07-31 00:00:00

第11回透析技能2級検定試験のご案内

 透析療法では、安全かつ質の高い治療技術を患者に提供することが求められていますが、医療従事者の技能を客観的に評価するシステムはありませんでした。透析技能をきちんと評価することは、質の高い医療の提供のみならず、医療機関における雇用促進、施設間格差是正に結びつくものと考えております。
 このような趣旨の下、臨床工学技士を対象とした透析技能検定試験制度を2009年より導入し、昨年8月に実施した第10回透析技能2級検定試験(受験者数193名、合格者数138名、合格率71.5%)まで、のべ1382名の方を認定して参りました。つきましては本年9月、第11回透析技能2級検定試験を実施する運びとなりましたのでご案内申し上げます。なお2014年より、看護師、准看護師の方にも受験していただけるようになりました。この機会に是非、透析技能検定の資格取得をご検討下さい。
 
一般社団法人 透析技能検定試験制度協議会    
 会 長   篠田俊雄(つくば国際大学) 
副会長  峰島三千男(東京女子医科大学)
実行委員長 村上 淳(東京女子医科大学)
試験委員長 江村宗郎(前田記念腎研究所 
茂原クリニック)
 

【検定試験の概要】    
1)検定の種類
1級検定(上級):維持透析全般に精通し、異常時の対応が可能な技能を検定
2級検定(初級):維持透析における初歩的な業務を遂行できる技能を検定
2)受験資格
1級検定:2級検定登録者で5年以上の透析業務経験を有する者
2級検定:看護師、准看護師、臨床工学技士の資格をもち、透析業務に1年以上勤務した者
検定資格には有効期限(5年)を設けています。
3)検定方法
1級検定:1次試験(筆記)ならびに2次試験(面接試験*)(2013年導入済み)
    *シナリオ課題に対する対応能力試験
2級検定:筆記ならびにバーチャル技能試験*
    *映像等バーチャル技術を利用した模擬実技試験

【第11回透析技能2級検定試験の概要】
下記のように予定しております。詳細につきましては
透析技能検定試験ホームページ https://www.touseki-ginoukentei.com/ をご覧下さい。
1)試験日 2019年9月1日(日) 10:20-15:00
2)場 所 連合会館 http://rengokaikan.jp/
      〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
3)応募者数 先着250名
4)受験料 15,000円
5)願書受付  2019年4月1日から7月31日まで(定員になり次第締切)
願書等の資料は2019年3月中頃より行います。ご希望の方は当会ホームページ
https://www.touseki-ginoukentei.com/second_class/index.html からご請求下さい。