<予告> 第5回日本透析医学会評議員選挙の有権者について

予 告
 
令和元年8月1日
一般社団法人日本透析医学会 
 正 会 員 各位
 
一般社団法人日本透析医学会       
理 事 長 中元 秀友
評議員選出委員会委員長 吉田 一成
 
 
第5回日本透析医学会評議員選挙の有権者について


 日本透析医学会定款第20条第2項に基づき、令和2年2月に行われる正会員による選挙により第5回評議員を選出いたします。
 日本透析医学会評議員選出規則第8条に選挙権は次のとおり定めていますので、周知いたします。

 

 
1.挙権は、選挙が行われる前年の10月1日現在の正会員とする.
有権者であるためには、令和元年10月1日現在本年度の会費が納入されている正会員であることが必須です.

2.有権者の所属地区は、選挙が行われる前年の10月1日現在の勤務地とする.
ただし、勤務していない者は居住地とする.
勤務地、居住地の変更をされた正会員は至急「変更届」を提出して下さい.
     

以上、評議員選挙に関わる事務手続きが遺漏のないよう予告いたします.