第65回日本透析医学会学術集会・総会のお知らせ(第七次)

会 告
一般社団法人日本透析医学会      
理事長 中元 秀友
第65回日本透析医学会学術集会・総会
会 長 稲葉 雅章

 
第65回日本透析医学会学術集会・総会のお知らせ(第七次)


第65回日本透析医学会学術集会・総会を下記の通り開催いたしますので,ご案内申し上げます.

会 期:2020 年6 月11日(木),12日(金),13日(土),14日(日)
(6月11日(木)は常任理事会、理事会、通常総会(評議員のみ出席)の開催となります)
会 場:大阪国際会議場,リーガロイヤルホテル大阪,グランフロント大阪(コングレコンベンションセンター),リーガロイヤルNCB
会 長:稲葉 雅章(大阪市立大学大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学・腎臓病態内科学 教授)
テーマ:人生100年時代を迎えた透析患者の健康寿命延伸に向けて

※ 新しい情報,学会内容はホームページ( https://site.convention.co.jp/65jsdt/ )に随時掲載、更新いたします.


プログラム
【主要プログラム】
特別講演,招待講演,教育講演,シンポジウム,学会・委員会企画などにより構成していきます.
※2020年1月時点でのプログラムです.

<海外招聘者(予定)>
Mario Cozzolino(University of Milan, ASST Santi Paolo e Carlo, Italy)
Markus Ketteler(Robert-Bosch-Krankenhaus, Germany)
Francesco Locatelli(ASST Lecco, Alessandro Manzoni Hospital, Italy)
Bruce M. Robinson(Arbor Research Collaborative for Health, USA)
Pablo Antonio Urena Torres(AURA Nord Saint Ouen, France)
Christoph Wanner(University Hospital Wuerzburg, Germany)

<特別講演>
秋澤 忠男    (昭和大学医学部 内科学講座腎臓内科学部門)
西澤 良記    (公立大学法人大阪)

<招請講演>
秋下 雅弘    (東京大学大学院医学系研究科 老年病学)
植松 智     (大阪市立大学大学院 医学研究科 ゲノム免疫学)
小山 英則     (兵庫医科大学 内科学 糖尿病内分泌・免疫内科)
下村 伊一郎    (大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学)
藤井 美和    (関西学院大学 人間福祉学部・人間福祉研究科)
宮田 敏男    (東北大学大学院医学系研究科    分子病態治療学)
横尾 隆    (東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科)

<他学会との合同企画>
 日本骨粗鬆症学会・日本透析医学会 合同企画
 「透析患者における運動器障害と骨粗鬆症薬物治療」
 日本痛風・尿酸核酸学会・日本透析医学会 合同企画
 「尿酸代謝の最前線」
 日本老年医学会・日本透析医学会 合同企画
 「透析療法におけるサルコペニア・フレイルの意義を考える」
 透析運動療法研究会・日本透析医学会 合同企画
 「透析患者での運動療法を具体的にどう進めるか」
 日本腎臓リハビリテーション学会・日本透析医学会 合同企画
 「透析患者でのリハビリテーション運動療法の意義」
 日本腎臓学会・日本透析医学会 合同企画
 「保存期から透析導入へのスムーズなtransitionのために」
 日本腹膜透析医学会・日本透析医学会 合同企画
 「膜透析療法ガイドラインと実際・今後の展望」
 日本心血管インターベンション治療学会・日本透析医学会 合同企画
 「透析患者の心血管イベントへの介入治療戦略」
 日本睡眠学会・日本透析医学会 合同企画
 「慢性腎臓病・透析患者の睡眠障害:QOL改善にはどう立ち向かうか?」
 日本腎臓病薬物療法学会・日本透析医学会 合同企画
 「こうすればうまくいく 透析患者の薬物治療管理法」

<シンポジウム>
  透析患者における血管石灰化の診断と防止の意義
 CKD-MBD KDIGOと日本のガイドラインについて:未来の改訂に向けて
  透析患者の糖尿病に対する薬物治療
 透析患者の低栄養対策
 透析患者の脳と認知機能
 腎性貧血治療の新たな治療:HIF-PH阻害薬(New therapy against anemia in CKD: HIF-PH inhibitor)
 透析患者における末梢動脈疾患〜予防・早期発見の重要性と治療課題
 新しい血液浄化モダリティ 人生100年時代に向けての展望
 バスキュラーアクセス管理と治療におけるエコーの活用
 バスキュラーアクセス(PTA)(安全・確実なVAIVTをめざして)
  高齢者透析患者に対する臨床工学技士の役割
  腎不全看護に必要な多職種連携の意義と成果
 透析患者のこころの診かた ~多職種で考えるサイコネフロロジー~
 透析医療における働き方改革とタスクシフティング
  High Impact Clinical Trials
  医療経済性から慢性腎不全医療の未来を考える
 透析患者の難治性病態のUp to date
 アジアの透析事情と日本からの援助活動

<ワークショップ>
  CKD-MBDの展望
  GAを再考する
 最新技術の透析患者への応用と糖尿病管理の実際
 サルコペニア対策を目指した栄養サポートの実践
 新時代を迎えた慢性腎臓病に伴う貧血管理
 人生100年時代におけるPDの利点を再考する
 血圧異常(高血圧・低血圧)の管理の実際
 バスキュラーアクセス
 腎不全看護に関連する資格制度とその実践
 透析医・腎臓内科医に知ってもらいたい腎移植
 慢性腎臓病・腎代替療法における多施設・多職種連携
 長時間透析
 Fabry病の透析医療を含む診断と治療のupDate
 多発性嚢胞腎(ADPKD)透析患者にどのように向き合うか

<委員会企画>
総務委員会
学術委員会
統計調査委員会
専門医制度委員会
国際学術交流委員会
腎不全総合対策委員会
保険委員会
危機管理委員会
男女共同参画推進委員会

<一般演題>
口演、ポスター


事前参加登録期間について
受付期間: 2020年3月12日(木)正午~5月14日(木)正午(予定)
参加費 : 正会員・医師・賛助会員・その他    12,000円
      施設会員(医師を除く)        10,000円
 
ホームページ
URL: https://site.convention.co.jp/65jsdt/
演題募集をはじめ各種情報を掲載いたします.

連絡先
第65回日本透析医学会学術集会・総会運営事務局

日本コンベンションサービス株式会社 関西支社内
〒541-0042 大阪市中央区今橋4-4-7 京阪神淀屋橋ビル2階
TEL:06-6221-5933 FAX:06-6221-5939
E-mail: 65jsdt@convention.co.jp