令和3年 度日本透析医学会賞(木本賞)論文公募について

会 告
一般社団法人日本透析医学会 
理 事 長 中元 秀友
学術委員長 友  雅司
 

令和3年度 日本透析医学会賞(木本賞)論文公募について
 

令和3年度日本透析医学会賞(木本賞)論文の公募を行います.以下に募集要項を記します.


応募条件
1. 学会賞に適うと考えられる本会会員の2020年1月から12月までに国内外の医学雑誌に掲載された原著論文1編につき著者本人または推薦人である他の会員により応募することができる.
2. 応募者は,著者所属施設以外の評議員2名の推薦状と推薦理由とを添えて応募する.

応募期限:令和3年2月15日必着

応 募 先:一般社団法人日本透析医学会 学術委員会
     〒113‒0033 東京都文京区本郷2-38-21 アラミドビル2F
 
選考内規:以下に掲載

 


日本透析医学会賞(木本賞)・奨励賞選考内規


1. 日本透析医学会(以下「本学会」という)のofficial journal および内外の学術雑誌に掲載された透析医学に関する本学会会員の優秀な基礎的ならびに臨床的研究の原著論文に対して日本透析医学会賞を与える.

2.優秀論文数は,原則として学会賞・奨励賞合わせて年間3編以内とする.
  学会賞の少なくとも1 編は本学会のofficial journal に投稿された論文より選出する.

3. 優秀論文の選考は,本学会学術委員会(以下「学術委員会」という)が行う.

4. 前年の本学会のofficial journal に掲載された論文を対象とし,学術委員会はこれらの論文の中から候補論文12編を選ぶ.投票はこの12編を対象として行われる.

5. 評議員は1人2票(1位および2位)の投票権を有し,定められた日までに郵送による記名投票を行う.
ただし,論文の第一候補者と同じ所属施設の評議員はそれに投票することはできない.

6. 投票締め切り後,原則として2週間以内に学術委員会にて開票し,上位10編(同順位はすべて含む)を選考対象論文とする.

7. 上記5,6,の内規とは別に学術委員会は本学会会員から自薦・他薦により応募論文を公募し,独自に選考対象論文に加えることができる.ただし,公募論文には所属施設以外の2名の評議員の推薦状と推薦理由書を添付する.尚,推薦は1人1編のみとする.

8. 学術委員会は評議員の投票による上位10編(同順位はすべて含む)と前項の公募論文を対象として日本透析医学会賞を決定する.学会賞の少なくとも1編は本学会のofficial journal に投稿された論文より選出する.また,奨励賞は学会賞該当論文を除く論文より決定する.

9. 本学会学術集会において優秀論文の著者を表彰する.学会賞には賞状,副賞30万円,奨励賞には,賞状,副賞15万円を贈る.

10.学術委員会の選考経過については公表しない.

11.本内規に疑義が生じた場合は,学術委員会において決定する.

12.この内規の改正には理事会の承認を必要とする.

13.この内規は昭和63年1月16日から施行する.
  一部改正 平成3年7月12日 第2,第5,第10
  一部改正 平成5年7月16日 改称:学術委員会
  一部改正 平成11年6月26日 第1,第5,第6,第7,第8,第9
  一部改正 平成26年5月2日 第1,第2,第4,第5,第6,第7,第8,第9,第10,第11,第12,第13

附則 この内規は,平成24年9月3日から施行する.
附則 この内規は,平成26年5月23日から施行する.