TSUBASA PROJECT

TSUBASA PROJECTについて
 
  TSUBASA PROJECTは透析医学会をリードする女性医師を発掘、育成するためのプログラムとして2016年にスタートしました。6年間に24名の女性医師がこのプログラムに参加し、「透析患者のGender」をメインテーマとした研究課題を指導者とともに取り組み、それによって透析医療においても疾患の発症、進展、転帰には性差があり、性差に着目した医療の必要性を認識することができました。TSUBASA PROJECTに参加いただいた女性医師と指導者の方々に深く御礼を申し上げます。
TSUBASA PROJECTでは引き続き女性医師の研究活動を奨励、支援し、透析医療をリードする女性医師を育成するために、この度は優れた研究に対して研究助成を行います。
以下に、詳細を示します。奮ってご応募ください。
 
  2022年4月1日

 
日本透析医学会     理事長 武本 佳昭
男女共同参画推進委員会 委員長 高橋 直子
 


第7回TSUBASA PROJECT 募集要項

1.応募資格:正会員の女性医師
2.応募人数:6名以内
 
3.応募研究:透析医療に関する基礎研究、臨床研究。特に“透析と性差”について。未発表研究であること。
 
4. 研究助成:研究助成として一人につき20万円を助成する。さらに承認後2年以内に英文論文化した場合には、            20万円の論文化支援として助成する。なお、論文化に際してTSUBASA PROJECTの助成を受けたこと     
       に対する謝意を明記すること。

 
5.TSUBASA PROJECT対象者は日本透析医学会学術集会・総会において研究発表する。また。対象研究は学会ホームページに掲載される。
 
6.応募方法:別添様式の申請書に必要事項を記入の上、下記に郵送
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-38-21アラミドビル2F
               日本透析医学会男女共同参画推進委員会宛
 
7.応募期間:20227月〜2022年12月末日