2022年度 セルフトレーニング問題について

会  告
2022年10月24日
 
一般社団法人日本透析医学会      
             理事長 武本 佳昭
             専門医制度委員会委員長 酒井  謙
             カリキュラム小委員会委員長 平和 伸仁
             専門医認定小委員会委員長 井尾 浩章
 

2022年度 セルフトレーニング問題について
 
専門医制度委員会(令和4年9月15日開催)にて、下記議題に関し慎重に審議した結果、2022年度セルフトレーニング問題の問題19において、三つの回答肢(設問は、二つ選べ)が正答として存在し、何らかの措置が必要との協議がなされました。

各文献を精査したのち「3回答選択肢(a,e) (a,d) (d,e)を選択された回答者に加点する」決議がなされました。

すでに理事会における承認案件で、セルフトレーニング問題合格者確定後の時点でしたが、会員の方からの疑義に応えた形であるゆえ、理事会に再度諮りました。

その結果、再度理事会の承認を得て、これにより若干名の56点の方々(上記3選択肢で回答された方)が、60点合格に変更されることになりました。

合格者が増えることになり、不合格であった方々、及びセルフトレーニング問題全受験者の方々には、多大なご迷惑をおかけしましたことを、お詫びいたします。

追加合格者には、日本透析医学会より合格単位通知をお送りいたします。

問題19

正しいのはどれか。2つ選べ。
(a)コレスチミドはリン低下作用がある。
(b)スクロオキシ水酸化鉄は保存期腎不全にも適応がある。
(c)炭酸ランタンは食前に内服すると消化器症状が軽減する。
(d)プロトンポンプ阻害薬は炭酸カルシウムの効果を減弱する。
(e)塩酸セベラマーにはLDLコレステロール低下作用がある。

【正解】 (a, e) (a, d) (d, e)  へ変更(いずれかを選択された方に加点)